人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
提灯(ちょうちん)
アメリカやヨーロッパに行ったことがある人はいっぱいいても提灯屋に行ったことがある人は少ないんじゃないですかね。
今日は夕方に歯医者に行ったあと、伊勢市にただ一件だけ残っている提灯屋さんに行ってきました。

店(仕事場)とオヤジさんのイメージは、そうですねぇ、あなたが想像している通りですわ(って、どんなや~)

一応言っときますと……
店は伊勢の古い町並みの片隅にあって囲いのトタンがペリペリめくれていたりと表からして随分くたびれていました。
ガタガタと立て付けの悪い引き戸を開けると3畳ほどの土間があって大小さまざまの提灯がつり下げられています。
広い玄関の隅には直径2m以上ある大提灯が畳んだままぶら下げてあって、他にもゴタゴタと物が置いてある少々雑然とした雰囲気はボク的には好きな感じでした。
かなり段差のある飴色をした上がり框から上はすぐに畳の敷かれた仕事場になっていて、そこではオヤジさんと見られる職人さんが一本一本竹ひごを丸めて型に止めて提灯の骨組みを作っていました。
店はオヤジさん一人きりなのか、仕事の手を止めてこちらへやってくると丁寧に色々と説明してくれました。
なんでも創業以来120年あまり続いていてオヤジさんで5代目だとか。
「伊勢には神宮もあるし何とかやっとるけど、需要も減ってこのごろはどうもなぁ」
と、少し寂しそうに笑っていました。
もう、店の雰囲気からオヤジさんの話に至るまで、ほとんど山田太一さん辺りの渋いドラマのワンシーンのようなひとときでした。

ところで……
特注品はともかく、ごく普通の提灯はどっかの工場から仕入れるなりして、ある程度出来合いの物で間に合わしているのかと思っていたんだけどその店は総て手作りでやっているみたいでした。

火祭りの会場を演出するために提灯を使いたくて現物を見に行ったんですが手作りなだけあって提示された値段もそこそこでした。
できればそこに発注したいのだけれどお金がなぁ~(;>_<;)
ネットでもっと安いところを探すか思案のしどころだな。

# by kaizoe | 2003-05-08 13:45 | 河内火祭りと若衆
俺の祭は始まった
映画でね、主人公達が走って逃げるんだけど、敵の攻撃で橋なんかが破壊されて足元から崩れて行く。
逃げるのが早いか、橋が崩れるのが早いか見ている方もハラハラドキドキ!
って、そういうパターンがあるじゃないですか。

俺達の今ってあんな感じです。
村の火祭りも今、崩壊寸前なのです。

就職難で若衆達はどんどん村を出ていきます。
一軒一軒、一人一人の負担が年ごとに増していて、残っている人間の中でも沈没船から人やネズミが逃げ出すように脱会者が続出しだしました。
残された者には余計負担が重くのしかかります、そしてまた一人……
典型的な悪循環です。

でも俺達は投げ出したくありません。
続けていこうと言ってくれる仲間もまだかなりいます。
これからはその力、みんなのその意気込みだけが頼りだと思うのです。
ここが踏ん張りどころ、正念場だと思うのです。

この月末に若衆や祭が属している組合の総会があるのですが、まずは、そこで村全体からいっそうの協力を貰えるように交渉しなくてはなりません。
その準備に毎晩のように色んな人達と話し合っています。

俺達が夏の本番に向けて目標にしていくのはただ一つ。
離れていこうとする人達の気持ちをつなぎ止め、また一つにまとめるにはいい祭をするしかない。
多くの人に見て貰って、楽しんで貰って、もしかしたら感動して貰って、そんな、人に見に来て貰う価値のある祭をするしかない。
去年よりも多くの人が見学に来てくれて、拍手や声援が去年より少しでも増えれば、そこから何かが変わるんじゃないか。
今はそこに希望を求めるしかないんだ。
若衆が崩壊するのが早いか、それまでに祭が盛り上がって再び仲間を増やすことができるかギリギリの競争なんだ。

今はいい話はあんまりなく過疎と不景気のダブルパンチでほとんどの仲間がヒーヒー言っている。
正直やっていくのは大変なのだけど。
でも、こんなことでへこたれて流れに任せて萎んでいくのはまっぴらゴメンだ。
そう思っているのは、年の近い連中にも息子くらい年の離れた若衆にもたくさんいるはずだ。

夏までにみんなのやる気を引き出し集結させて、そのエネルギーのすべてを8月15日の夜に爆発させたい。夜に爆発させたい。

# by kaizoe | 2003-04-15 14:09 | 河内火祭りと若衆
青天の霹靂
近所に住む幼なじみが死にました。
消防団の一員であり勿論「河内若い衆」として火祭りを一緒に続けてきた仲間でした。
小学生の頃、冬の寒い今時分でしたか…ほっぺたを真っ赤にして田んぼで一緒に遊んでいた頃を思い出してしまいました。

昨年12月の山の神の祭にはお参りに来てくれて御神酒を豪快に呑み(あ、あの時、面白がって勧めたのがいけなかったのか)あんなに元気にしていたのに、まだちょっと信じられません。
死因は癌らしいですが筋骨逞しく人並み以上の体格をしていたから、それでかえって進行が早かったのかもしれません。

明日はもう朝から火葬に行ってしまうというので、夜に最後の別れに行ってこようと思っています。
それにしても…暮れに二人目の赤ちゃんが産まれたばかりだというし、彼のお父さんもすでに他界しており大黒柱を失い後に残された家の人達はこれからどうするのでしょうか…

夜勤の多い不規則な仕事をしていたんですが、休みの日も母親の手伝いで田畑にマメに通うような優しいヤツでした。
いい人から先に逝ってしまうというのは本当ですね…
とりあえず、ボクは長生きできそうなんでよかったです(^^ゞ

# by kaizoe | 2003-01-18 16:00 | 河内火祭りと若衆