人気ブログランキング |

鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
祭りに教わること
祭りに教わること_a0019755_1565138.jpg今の便利な生活の中で、普通の人が柱松のような重量物を扱うことはまずないでしょう。
仕事の中でいくらか近い作業を行う製造業や建設業でさえ、こういった場面ではクレーン、ユンボ、フォークリフト等の重機を使うのが普通です。柱松の製作作業もそれらの機械を入れればスピーディーかつ安全に作業を進められることは承知しています。
しかし、できうる限り今までのスタイルを踏襲していきたいものです。
文化の保存という目的も勿論ありますが、もっと実際の利益として人、特に男性にとって、こういった肉体労働的な共同作業、重量物の扱いを経験することは決して無駄にならないだろうという自分なりの狙いもあるのです。


祭りに教わること_a0019755_1573226.jpg重量のあるものを動かしたり、持ち上げたりする時、手順や方法としてどの様にすればスムーズに行えるのか。具体的にはテコや摩擦力をどんな風に効かせれば楽に作業が行えるか。また、その時に参加者がケガをしない為に何を注意する必要があるのか。そういったことを活きた知恵として知る機会は現代の文明社会、都市型の生活の中にはあまりないと思います。
祭りに参加することはそれらを体験、学習、活用することにつながりますので結構実益もあるのではないかと私は考えます。

極端な話かも知れませんが……
機械という文明の利器はいつでも頼りにできる絶対的な存在ではないと思われます。いつ何時人力(の集結)が必要になるかも分かりません。阪神淡路大震災の惨劇は記憶に新しいですが様々な自然災害、また人為的な事故、テロや戦争などで破壊された現場の様子をュースで目にする時、痛感するのは環境が非平和的、非日常的な状態に陥った時、最後に頼りになるのはやはり人の力だということです。
この場合、力とは直接的な腕力であり、また、その集結の為に必要なチームワーク。それから知識や技術といった個人の力量と、それらを組織の中で組み合わせてどれだけ効率的に運用できるかといった個と全体における総合的な能力になるでしょうか。


祭りに教わること_a0019755_158050.jpg祭りを通じて養われる力や経験がそういった特殊な状況においても何か役に立つのではないかと期待するのはおかしいでしょうか?

一見時代錯誤的ともとれる私たちの活動は現代社会においての実利を考慮しても決してピントのずれた行為ではないと考えています。
今風に言えばこれは「生きる力」を養う絶好の機会ではないでしょうか。


※↑「火祭りサイト」を久しぶりに見ていたら、片隅に自分はこんな事を書いていました。
「そうそう、俺もそう思うよ」なんて、他人の話のように読んでみたり(笑)

by kaizoe | 2005-01-26 01:20 | 河内火祭りと若衆
<< 只今、制作中 まじこなる >>