鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鉦打ちの心意気
人数の減少が一番響いてるのは鉦打ちと棟梁楽だと思うんです。
棟梁楽は今年は下は18歳の子が飛んでいました。
最後までやり抜きましたが、途中から足が震えていた子もいました。

鉦打ちも苦難の年だったろうと思います。
鉦は重さ80㎏以上のが上、下(かみしも)で二つ、それを二人一組で交代しながら叩きますが、18時半から23時半前後という長丁場で大念仏が行われる為に、体力の限界を考えても、最低で4組×2=16人は必要だろうとずっと思っていました。去年までは楽の数を10個から8個に減らしてまでも鉦打ちの人数を優先していました。3組×2=12人ではとても無理の筈だからです。
ところが、今年はその無理を鉦打ちたちに飲んで貰わなくてはいけない状況になりました。
楽を7個に減らしても人数が足らなくなったんです。

その代わりに肩で背負わなくてもすむように特注のステンレスのつっかい棒が与えられました。
練習の時には、新人に打ち方を教える時などにすでに使っていたのですが、それを本番にも使っていいようになったと。

我々現代人は恥ずかしいお話ながら、体はそんなに頑丈ではないですし、前からそのつっかい棒を取り入れたらどうかという案はあったのです。
でも、私が現役の頃は私もそうですし、みんな拒否していました。
「そんな恥をかかせるくらいなら、いっそ祭りを止めると言ってくれ」
と、思っていました。

今年、3組×2になったと、つっかい棒をいよいよ取り入れることになったと聞いた時は、
「来る時が来た」
と、思いました。
でも、それは仕方ないのだと、自分に言い聞かせました。
練習に行くと、それぞれの肩の高さに合わせて長さもアジャストできる立派なつっかい棒が新調されて置いてありましたし。

ところが……そのつっかい棒は結局一度も使われませんでした。
鉦打ちはみんな、
「みっともない」
「(それがあると)打ちにくい」
「(自然に鉦を揺らせないから)かえって危ない」
などと、口々にいい。
本番の5時間を遂に叩ききりました。
a0019755_21591557.jpg
この画像、トロッとした感じがちょっと好きなんですが、これってだらけているわけではないんですよね。この時は最後の最後の方で、みんなきっと限界を超えているんでしょう。
a0019755_21595732.jpg
かれらはもう少し年長組。こちらは気合いを振り絞ってやってます。大したヤツらですわ、ホントに。

[PR]

by kaizoe | 2005-08-22 22:22 | 河内火祭りと若衆
祭りを終えて
若衆を卒業して、今年はホントに自由な身で祭りを見たんですけど、そういう気持ちは小学生の時「いつかはボクもあそこに出たい」と憧れていた頃以来だと思います。
初めて客観的な視点を持てたとも思うんですが、立場を変え、改めて祭りを見て驚いたことがいくつかありました。

一番強い印象が「この若者たちはどうしてここまでやるんだ」と、不思議に思ったこと。
準備段階から本番を終え片づけをすませるまで、傍らに立ちながらずっと感じました。
みんなすがすがしい笑顔を絶やさず、素直に、実にテキパキと動いていました。
仕事場や町中で見掛ける若者というのは一般的な印象として、ノビノビとしていてフレンドリーで、繊細で……と、良いイメージがある反面、線が細く、こらえ性がなく、上面のことしか見えなくて、飽きっぽく……などと、悪いイメージも持ちがちです。

うちの村の若衆たちもなんだかんだいって今時の若者だから、と、実は私自身がかなり諦め加減に彼らを見ていたところがあるのですが……あっ、すみません白状します(^^;
ところが、7カ日の出合いから夜の練習、14日の楽直し、大鳴らし、そして15日の本日、16日の片づけと見ていたところ、さぼる者もなくみんな真面目に動いているんです。
私は人の表情は結構観察する人間ですが、「ちぇっ、何でこんなことせないかんのや、ウザイなぁ」といった、無気力、無関心、無責任を彼らの顔に一度も見ることがなかったのが驚きでした。(勿論私が見えなかっただけで、彼らにも色んな感情はあるでしょうが。。。)

昼間の出合いは炎天下での肉体労働、単純作業が主です。祭りの練習、本番にしたところでやること自体は単純なものですし、テレビやゲームの刺激に慣れていると言われる今時の子たちにとって特に興味を引くような要素があるとはちょっと思えません。
「何がそんなに面白いんや?おかしいんと違うお前ら?」と、彼らに言いたいくらいでした(笑)
みんな楽しんでやってくれれば、と願いながら一緒にやってきた私たちですが、正直、あまりにみんなの気持ちがいい感じにまとまっているように見えて、天の邪鬼な私は素直に喜べず狐につままれているような気持ちにさえなっています(笑)

以前は100人近い人数を誇った若衆も今では40人を切りました。
もう、青息吐息だろうと諦めて見始めた今年の祭りでしたが、力強さの印象は今までと変わりありませんでした。
むしろ、一人一人の意気込みがダイレクトに見えるようになって、若衆の全体像が筋肉質的に引き締まった感じさえしました。
今の仲間は、嫌々やっているヤツはいないと思いますし、彼らならまだまだ祭りは続けて行ってくれるだろうと思います。
[PR]

by kaizoe | 2005-08-19 02:05 | 河内火祭りと若衆
風が置いていった宿題
ここ数年、異常気象続きの日本列島ですが、今年の火祭りの岡(穏田岡)には嵐の様な強風が吹き荒れていました。
柱松の立つ岡は直径20メートルほどの円形をしていて、その周囲の半分以上が木々で覆われています。
若衆たちが投げる火のついたタイが風に流され林に入る危険性は大ですし、燃えだしたツボキの火の粉の飛散も心配です。
そんなわけで火祭りの開催が一時危ぶまれました。

時間は日付をまたぐ頃になっていました。
それまで少ない人数で大念仏をやり通してきた若衆たちには「火祭り中止」という選択肢など思い浮かびもしなかったかもしれません。
しかし、テントの中で祭りを統括する組合の理事さんたちと一緒に様子を見ていた私は不安をつのらせていました。
私は今年、祭りの役割は何もなく、部長をすでに終えた窓際消防団員という妙なポジションでその場に居たのですが、フゴ役(頭下)という役割で、祭りのまかない等の世話をしていた現消防団部長と相談の上、村(正確には鳥羽市消防団・加茂分団第3部)の消防車を現場に上げてきていました。

組合の理事さんたちと相談しました。
「(このままでは)危ないのぉ。。。消防車の用意(いつでも放水できるように)しといた方がええんとちゃうか」
必要なのは分かるのですが、残念ながら作業に当たる手がまったくありません。
自由に動ける身で、祭り会場に居合わせた現役消防団員はたぶん私一人だったでしょう(祭りに参加していない団員にはいろいろあって連絡しづらい状況なのです)
部長以下、後のバリバリは全員若衆で祭りに参加しています。
その旨を説明し、
「無理ですわ」
と、お断りしました。
若衆と団の大先輩である理事さんは、
「そやけど、お前のぉ(この状況はまずいやろ)」
と、迫ってきます。
今年の春から鳥羽市の市長に就任された木田氏も、我々の先輩であり団のOBでもあります。
理事さんと同じことをおっしゃって消防車の準備を要求してきました。
準備したいのはやまやまでしたが、無理なものは無理、一人ではどうしようもありませんでした。
市長もやはり、
「そやけど、このままではさせるわけにはいかんし」
と、いうようなことをおっしゃるので、
「では、団のOBの方々が手伝ってくれるんでしたらやりますわ。どなたか準備と後かたづけまで一緒にやってくれるんでしたら。あぁ、自主防災会でもええし」
と、提案しましたが、いい返事は帰ってきませんでした。
会場全体まで呼びかけたら、そこそこの人数が集まるのではないかと考えたのですが。
結局、祭りの最高責任者である組合長も登場し、頭との緊急協議に判断を委ねることになりました。

話し合いはすぐに決着し、上の頭である上村くんが若衆全員を集め、事情を説明し始めました。
「このままでは、危なくて(火祭りは)できないから消防車の準備に4人行ってくれ。行ってくれる者誰かおるか!?」
と、呼びかけると間髪を入れず鉦打ち(現役団員)4人が手を上げました。
「じゃ、放水の準備だけ済ませて全員揃ったところで火祭りをやろう(と、私は確か言ったと思うのですが。。。)」
その4人と私とで、岡を降り、消防車の準備に掛かりました。

私が消防車の準備を渋ったのには、人数問題の他いくつか不安要素があったからなんですが、一番の問題が水の調達でした。
市の消防設備はこの岡(河内町岩倉町共同墓地)の火事を想定していないのでしょうか。
消防車はあっても肝心のまとまった水(消防用語で水利といいます)が近くにありません。
幸い、近年できたすぐ近くの団地に消火栓と防火水槽があり、署には無届けではあるけれど事後報告ということでより近くにある防火水槽から水を得ることにしました。
それでも柱松の立つ岡までは距離にして200メートル以上、高低差も2、30メートルはあるでしょうか。
団に支給されている旧型の小型ポンプ一台で水を送ることが果たしてできるか心配でした。
できれば、もう一台ポンプを用意し中継加圧させて高低差の水圧低下を補いたいところです。

4人は祭りで疲れ切っている筈でしたが、嫌な顔一つせず完璧に作業をこなしてくれました。
消防の基本的なホースの長さは一巻20メートル、それを10本程度2人が延長、連結し、私ともう2人でポンプを用意し、最後に柱松の根本までのばしたホースに筒先をセットしました。
さぁ、山の下にいる筈のポンプ機関員Mくんに「放水始め」の伝令を送り、放水試験の後、火祭りに……と、考えながら岡に戻ると、何とまぁ、火祭りはとっくに始まっていてすでにツボキがチラチラと燃え始めていました(笑)
風のせいで、今年は結構早くツボキに点火したそうで、その後ツボキは勢いよく燃え上がり、旗竿は次々に倒れ、頭の合図で柱松は綺麗に倒されました。
その頃には上手い具合に水が送られてきて、倒された後もまだ大きな炎を上げ燃え続けるツボキの消火に参加し、その後、高い木の枝に引っかかったタイの消火などをうまくこなしてなんとか無事に済ませることができました。

人数が少ない上に、消防車出動という突発事項も増え、今年は例年以上に大変だったでしょうが若衆たちはホントに良くやってくれたと思います。
みんなエライ!私は大いに感動させて貰いました!
全部うまく行って、めでたしめでたし。。。

いえ、いくつか苦言も呈しておきたいと思います。
どうして放水試験の成功を待たずに火祭りが始まってしまったのでしょうか?
理事や市長は消火の準備が整わなければ許可はできないといった意味で、私たちを作業に付かせたのだと思います。
ならば、放水が満足にできることを確かめた上でGOサインを出すのが筋でしょう。
判断を誤ったのは頭以下鉦役8人も同じですが、特に頭たちはある種の興奮状態にあったかも知れませんから仕方ないかと思います。
私も経験がありますから。
若衆が見切り発車で突っ走ろうとしたら、それを諫めるのが若衆の上の組織である組合理事の仕事ではないのでしょうか。
理事さんたちが若衆たちのことを思ってつい声を掛けられなかったとして、市長さんでも良かったのです。
とにかく誰かが待ったを掛けてもう少し待って欲しかったと思います。
結果オーライといえばそうですが、私には判断ミスがあったと見えて仕方ありません。
こういうことは、災害時の危機管理の予行演習にもなっていると思います。
反省するところは反省して、今後に生かしたいものです。
記事を書きながら、私も相当チャランポランなことを言っていたことに気づきました。
反省します(^^;

また、とてもかわいそうなこともありました。
そのことを上の人たちは知ってくれているのでしょうか?
火祭りが終わった後、参加者と観客の集団は帰路や村の観音さんで行われる精霊送りをするためにすぐに岡を後にし山を下りていきました。
静かになった岡で、火消し役の楽打ちたちと消防車の準備に当たった5人でホースを巻き、撤収作業を行いました。
消防車の準備に志願した4名はたぶん、若衆の中でもかなりの祭りバカだと思います。
みんなこの祭りが好きなんです。
アルバムの中で鉦を打っている顔を見て貰えば分かると思いますがMくんもまたかなりの祭りバカです。
団地の片隅、電柱についた街灯の下で送水圧力を最適に調整し、ポンプ操作を完璧にこなしてくれたMくんは岡に戻ってきた時、知らない間に全部が終わっていたことを知り、呆然としていました。
「何ねこれ~。。。何かもっすごう中途半端な気分やわぁ」
彼のあの時の言葉と気持ちを再現することは難しいですが、今年の祭りは何か大変大きな犠牲の上に成功したような気がしてなりません。

これから来年に向けて準備が始まる筈ですが、夏休みの宿題はずいぶん溜まっているみたいです。
それをひとつひとつ片づけて行かなければ。
[PR]

by kaizoe | 2005-08-18 00:28 | 河内火祭りと若衆
火祭り速報!2
a0019755_391389.jpg
a0019755_392452.jpg
a0019755_393127.jpg
a0019755_394456.jpg

a0019755_39533.jpg

a0019755_310357.jpg

a0019755_3101715.jpg
※アルバムの更新、追加は去年はお休みしました。
祭りは毎年同じことを行っているので絵的には何度撮影してもそんなに変わらないのです(^^;

変わらない祭りの中で、一番変化するのは「人」です。
10代20代の若衆はドンドン逞しくなっていきます。
楽を叩くフォームも変わっていきますし、役割自体も変化していきます。
30代40代の若衆は……ドンドンおっちゃん化していきます(笑)
アルバムの更新は今回で4回目ですので、そんな若衆達の変化も楽しんでいただけると幸いです。

今回は「顔」、「一人一人が主役」……と、いったことをテーマに撮影編集してみました。
ただ、前回までは写真愛好家で撮影技術の確かな人にお願いしていたのですが……予算の都合もあり、今回はど素人の私が撮影にまわりました。
薄暮から夜間での撮影はわたしには荷が重くボツ画像がどっさり出てしまいました(ノ_<。)うっうっうっ
おまけに火祭り開催時、岡に吹き荒れた強風に対処するために私は現場を離れ、肝心の火祭りの撮影ができなくなったのが残念です。

河内火祭り2005

[PR]

by kaizoe | 2005-08-16 03:11 | 河内火祭りと若衆
火祭り速報!
a0019755_332672.jpg
a0019755_334543.jpg
a0019755_335138.jpg
a0019755_34658.jpg
a0019755_341615.jpg
a0019755_375475.jpg

[PR]

by kaizoe | 2005-08-16 03:08 | 河内火祭りと若衆
柱松速報!2
※※柱松、今年も無事に立ちました!
火祭り/大念仏の開催は夕方6時半からです。※※


a0019755_15151840.jpg
ツボキの元を麦藁と縄で綺麗に化粧。そして三方の太綱を取り付けて柱松の完成です。

a0019755_1515544.jpg
いよいよ柱松を立てる段取りに入ります。 二組の股木、大スズ小スズで柱松を下支えしながら、ワイヤーロープで引き起こしていきます。

a0019755_15153631.jpg
スズはみんなの気持ちが揃わないとうまく機能せずなかなかうまくいかないのですが、今年はバッチリ呼吸が合っていました。
スズは単純な道具ですが、柱松を受け止める大事な役割を果たします。
このくらいの角度までは緊張しますね。

a0019755_15155098.jpg
柱松は一度立ってしまうと安定します。三方の綱で角度を自在に制御して最終的な調整です。

a0019755_15202666.jpg
六地蔵から見て三本の旗竿がまっすぐに揃うようにと、立てる方角も決まっています。

a0019755_1520368.jpg
一年でたった半日だけ穏田岡に忽然と姿を現す柱松。あと数時間後にここで「火祭り」が行われます。

a0019755_15161570.jpg 参道の提灯も準備OKです!

[PR]

by kaizoe | 2005-08-15 15:20 | 河内火祭りと若衆
柱松速報!
a0019755_15114230.jpg柱松は15日の朝から大勢が集まってお昼過ぎまでに一気に作り上げていきます。まずは竹や雑木の枝、藤蔦、縄など自然の材料(最近は安全確保の為一部ビスや針金も使用)で骨組み作り。裸の段階で3本の旗竿も固定してしまいます。

a0019755_15115140.jpg
以前は柱松づくりも若衆だけで作っていましたが、少子高齢化の影響もあり顔ぶれが変化してきており、現在は鉦打ち(楽から棟梁楽も自主参加)と若衆OBである中老の方々に手伝って頂いてます。

a0019755_15121088.jpgライブハウス店長Hくん、今日はツヅ作りに精を出していました。こういう場から新しい音楽や芸術表現が生まれてこないものでしょうか?

a0019755_15123560.jpg
骨組みにコモと呼ばれる麦藁の帯が巻かれていきます。

a0019755_15122227.jpg
だいぶん形になってきました。

a0019755_15124964.jpg
河内の男衆は雰囲気のあるカッコイイ男性が多いような気がします。

[PR]

by kaizoe | 2005-08-15 15:13 | 河内火祭りと若衆
大鳴らし速報!
今晩は、祭りの前夜祭(総仕上げのリハーサル)に相当する「大鳴らし」が行われました。
a0019755_21145270.jpg

a0019755_2115159.jpg
今年の棟梁楽、ふたり。

a0019755_21152998.jpg

棟梁楽、あとのふたり。今年はこの4人が主役です!

a0019755_21154360.jpg

a0019755_21155438.jpg
「若衆この人!」に登場して貰ったタクヤッチもずいぶん逞しくなりました。

a0019755_21161880.jpg

祭り大好き!の同級生コンビ。

a0019755_21163185.jpg

ライブハウス店長のH君。音的に「河内火祭り」はどうなんでしょう?

a0019755_21163939.jpg

この恍惚の表情!彼も祭り大好き人間のようです(笑)
[PR]

by kaizoe | 2005-08-14 21:26 | 河内火祭りと若衆
七カ日速報!
a0019755_1175234.jpg
我が河内若衆・大念仏/火祭りでは今日8月7日は重要な日。
「七カ日」と呼んでいる出合い(共同作業)が行われ、いよいよ祭りの本格的な準備に取りかかりました。上の画像は柱松を3方から支える太縄を編んでいるところ。

a0019755_1181125.jpg
これは柱松のツボキに使用するコモを編んでいるところです。

a0019755_1182244.jpg

鉦と楽の練習で、鉦を載せる梁を準備しているところです。

a0019755_1183180.jpg二つある鉦のうち一つは寺の本堂に保管されています。今晩から15日までこの鉦の音が村に響き渡ります。

[PR]

by kaizoe | 2005-08-07 11:16 | 河内火祭りと若衆
朝露
駐車場にクルマを止め、少し離れた職場まで歩いています。
もう5分早く家を出ればいいのに、毎日毎日、時計を気にしながら、同じ道を急ぎ足で。
歩きながら目にする風景も同じなら、すれ違う学生や園児を送りに集まっている親子たちの顔ぶれも同じですが、それでもボロアパートを取り壊して、跡地に新築工事していたマンションもいつの間にか完成し、田植えが終わったばかりだと思っていた田んぼの稲はもう実りから刈り取りを待つ時期に近づいていました。
月日が流れるのって早いですね~。

a0019755_1575267.jpg

[PR]

by kaizoe | 2005-08-06 01:13 | 田舎生活