鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

釜山旅行 part2
a0019755_23355139.jpg釜山に着いた午後、国際市場でブラブラしていると、碁盤の目のように縦横に広がる路地のズーッと先に何やら灯台のようなものが見えました。



行ってみると、そこはチャガルチ市場という海産物や野菜や肉など主に食材を扱っている市場でした。メインの魚はこちらでも見慣れたサバ、タチウオ、タラ、サンマなどなど。珍しいものとしては笑顔のトンちゃんの他に

a0019755_23362691.jpgホヤやチンチンに似た(笑)ユムシといった奇妙なものがありました。あとは人だかりがあったので覗くとスッポンの解体をやっていたり、立派なカニ、ロブスターも売ってました。
ロブスターは大きなものは18,000円って、いってましたから向こうでも高級品なんでしょうね。

※一緒に歩いたTくんが市場の印象を映画版の「AKIRA」みたいだっていうんで、それをいうなら「ブレードランナー」に通じるトコもあるしって話になり、あの時代はそういったアジアンな風俗やテイストをよくモチーフとして取材していたんでしょうね~。

a0019755_23365575.jpg2日目に行った釜山タワーです。チャガルチ市場から緩い坂を登りつつ国際市場を通ってすぐの小高い山の上にあります。a0019755_23375054.jpg


a0019755_23382820.jpg夜は2晩とも地下鉄でチャガルチ市場から8駅程離れた西面(ソミョン)駅そばにあるロッテホテルに泊まりました。この屋台は近くの商店街にあったサナギの煮物の店(笑)

a0019755_23483135.jpgさっそくじゃんけんで負けたKくんが実験台になりました。
ちなみに、次の日には別のものを負けたヤツに食わせようということになり、それが何か決める前にじゃんけんだけしたんです。
さすがにひびりましたねぇ。
「何が何でも負けるわけにはいかん!」
と、その時ばかりは全力でじゃんけんしました。
だって、その何かはユムシになることみんな薄々分かっていましたからね(笑)
結局、ユムシの活け作りの店を見つけることができなかったので次にじゃんけんで負けたMくんも命拾いしたのですが……ユムシ、一体どんな味なのでしょう??
[PR]

by kaizoe | 2004-10-30 23:39 | 旅行記
河内語大辞典
《あ》

【あい】
鮎のことを「あい」と発音します。

【あばばい】
まぶしいの意。
A「あば、あばばいてや!」
B「何が?」
A「お前がひなたに出るとお陽さんが頭で反射すんのや」
B「やかましわ!」
こんな風に使う。

【アマメ】
ゴキブリのこと。若衆OBにはアマメというあだ名を付けられた人がいる。40を過ぎた今でも時折「アマメくん」と呼ばれている。

【あめりか】
子供「遊んでくるわ」
母「ドコ行くんや~」
子供「う~んと、あめりかの近く」
母「ほんなら、あめりかのおばさんに菜っぱ持ってったって!」
子供「は~い」
「あめりか」とは町内のあるお宅のことなんですが、何でも昔その家の人がアメリカに住んでいたことがあるそうで、今もその家は「あめりか」と呼ばれています。例えその家の名字は忘れても「あめりか」という呼び方は誰も決して忘れない。

【あんごさく】
アホのこと。「あんご」でも同じ意味。


釜山旅行中、ホテルのレストランで朝食をとっていた時、何故か「懐かしい河内弁」の話になりました。
最近ではめっきり使わなくなりましたが、思い出しながらみんなで出し合ってみるとユニークな言葉やフレーズがたくさんあることに気づきました。
ちょっと書き出してみましたが、面白くなりそうなら火祭りサイトに新しいコンテンツとして載せてみようかと思います。
[PR]

by kaizoe | 2004-10-28 00:23 | 田舎生活
釜山港から帰る
a0019755_22404914.jpg
河内消防団恒例の旅行。今回の目的地はお隣の国、韓国でした。
すご~く楽しかった3日間でしたが本日帰って参りました。
今回の宿泊地、釜山はビックリするくらい大都会でした!
ビジネスビル、高層マンション群も近代的だし、日曜に着いたこともあってか若者比率も高く町は活気に溢れてました。


a0019755_22421756.jpgそれにしても韓国は近いですね~。
24日の朝、鳥羽を出発しお昼過ぎには国際市場(クッチェシジャン)というこの辺りをもう観光していましたから、いつもながら少し不思議な感じです。

たけしさんや映画監督の今村昌平さんの手形もありました♪


a0019755_22413038.jpgこの国際市場の他、海の幸てんこ盛りのチャガルチ市場、一番上の画像を撮った地上120メートルの釜山タワー、田舎者には豪華さがまぶしすぎるホテル・ロッテ釜山、実弾射撃、垢擦り(スポーツマッサージ)、ショッピング……そして焼き肉、鳥料理、
「こ、これホントに食べ物ですか?」
なんて、スリルも味わえる屋台料理などなど楽しさ満載の3日間でした。

実はですね……方々歩き回ったので今は体がクタクタなのです~。
続きは明日から画像の整理しつつ、また後日……
[PR]

by kaizoe | 2004-10-26 23:23 | 旅行記
ちょっと釜山まで
明日から2泊3日の日程で韓国は釜山へ行ってまいります。
毎年恒例の消防団の旅行です。
今年は8名と参加者が少なくてちょっと寂しいんですけどね。

近頃コマゴマと忙しかったので全然下調べもしていないんですが、ぶっつけ本番でまわってきます(あっ!離陸までにどっかで「地球の歩き方」を手に入れよう)
韓国は済州島、ソウルに続いて3回目ですが今回はどんな面白いことに出会えるでしょう?
済州島ではゴルフの最中、コースに鹿が飛び出し、夜にはカジノ(あたしゃ人生がギャンブルになっちゃったんで今はおとなしくしてますが、実は結構好きだったりする・笑)
ソウルは南山公園のソウルタワーから見る夜景が綺麗で本場の骨付きカルビの焼き肉とチヂミもしっかりおいしかった。
釜山はどんなところだろう?
今回は完全フリープランなんで自分の興味のあるところへドンドン行ける!
町の雰囲気、建築物、風俗風習、それから人々の顔と人柄、食事、ショッピング、ホテルのサービスなどなど……今からとても楽しみです。

ではでは、行ってきま~す♪
[PR]

by kaizoe | 2004-10-23 23:36 | 旅行記
鉄条網
先日手に入れた有刺鉄線を使ってイノシシやシカ対策の柵を作っています。
陽の暮れが早くなってきて、画像は残念ながら撮れませんでした(ノ_<。)……まだ、何日か掛かりそうなのでこの次は上げたいと思います。

それにしてもイノシシ、シカは強敵です。
跳躍力もあるし、力強いし、頭も結構いいみたいで、嘗めてかかると簡単に柵を突破されてしまうんですよね。
サルに至っては、もはや打つ手無し……家の前の畑でもちょっと目を離した隙にカボチャやスイカなどなんでもかんでも抱きかかえてトンズラされるということで、村の人たちはみな頭を抱えています。
ホンの10年程前までは野生動物の作物被害はこんなにひどくはなかったのに、最近は各地にクマも出没しているし日本列島はどうなっちゃったのでしょうね~。

サルや小さな隙間からでも畑に入ってしまうアナグマ(ムジナ)やカラスやヒヨドリといった鳥は防ぎようがないとしても大型のイノシシ、シカくらいは侵入をくい止めたいと思っているのですが、最後の望み鉄条網はうまくいくのでしょうか?
何でも段々出来上がってくるのは楽しみなもので、手製の防護柵、コツコツ作り込んでいきたいと思います。

あっ、100点の解答として、立派なフェンスや畑全体をビニールハウスの様なもので覆ってしまえば万事解決なんですが、日曜菜園規模でやっているうちの畑仕事では費用対効果(おおげさ!)という面であんまりお金と手間を掛けられないんですよね~、辛いトコです。

そうそう、今日はさわやかで涼しく、正に秋日和といった気持ちのいい一日でした。
森のマイナスイオンを全身に浴びながら、畑で汗を流すのもまた気持ちがいい。
3時ごろ、一汗かいて休憩しようとなった時、何かさっぱりとおいしい物で水分を補給したかったのですが、今年はあいにく柿はならない年のようで何本かある古い柿の木には実が一つもありません。
結局、クルマを飛ばしてスポーツドリンクを買いに行ったのですが、そういう自然の中ではいまいちですね~。
やる気のある時は横の谷川の水を飲むんですけど、その方がずっと旨いです。
でも、やっぱり安全性に関しては?ですからね~、リトマス試験紙みたいなもので手軽に安全確認ができるキットがあるといいのになぁとふと思いました。
[PR]

by kaizoe | 2004-10-17 22:18 | 田舎生活
秘境の時代
F-1日本グランプリ決勝当日、午後一に行われたクラシックカーパレードの後、14時半開催の決勝レースまで時間があったんで一緒に行った若衆のHくんと色々話をしたんです。

Hくんは河内若衆の中でも一二を争うさわやかハンサムくんで今では一児の父親です。
「子供にもレースさせたいんですよね~……あっ、でも、そういうのって親が勝手に決めたらいけないっすかね」
なんて気さくに話す彼のさわやかスマイルには、サーキットに吹く涼しい秋風が憎いほど似合っていました(笑)
「子供に選ばせるんならええんちゃうかなぁ。そういう色んなもの選べる環境を作ってあげるのはええよなぁ~」
なんてことを、咄嗟に答えたんですけど、それから少し真面目な話になって、彼が、
「これからは田舎の時代だと思うんですよ」
なんて言い出しました。
「確かに人がノビノビ育つには有利だとは思うけど……実際は弱い面もあるし」
「それで、パソコン教室とかやって」
「そうそう!素朴だけじゃつまらない。これからは田舎で暮らしててもパソコンとか普通に使えて頭も新しくしてって貰って。そういうのがあって、また祭りに参加することが強さや男らしさみたいなんを磨くいい経験になるやろうし。欲張りやけどそういうの全部目指していくべきやと思う」
そんな話をしていたら、1時間余りがアッという間に過ぎてしまいました(笑)

田舎でのんびり暮らす……それはまぁ、一つの幸福の形ではあると思うんですが、実際に暮らしてみると我が村や鳥羽という町は地域社会としての組織力や将来性や他地域に対しての競争力なんかを見た場合に心許ないというか、心配な面が実に多いんですよね。
特に……言っちゃなんですが、人の力が弱いというか遅れている。
町の人達の呑気さ加減は非常にやばいなぁと思います。
その改善ですが、行政や教育なんてあてにしてもしょうがないし、できる限り自分たちでなんとかしていくべきかなぁなんて近頃よく思います。
自分が成長し、周りと協力しあって互いに高めあっていくということをね、努めていかないとと。実際は3歩進んで2歩下がるみたいにサクサクとは進まないんですけど。

Hくんの息子が中学3年になる頃、河内若衆は存続しているのだろうか?
火祭りは続いているのだろうか?
たとえ祭りが無くなっていても、別のよりよい未来というのはあるでしょうが、とにかく恥ずかしくない形でバトンを渡したいものです。
[PR]

by kaizoe | 2004-10-15 00:55 | 田舎生活
22号直撃?
昨日から雨が降り続いているんですが、河川の水量が危険水域を超えたということで、今しがた市の消防本部から消防団にも出動要請が出ました。

何か起こった場合にすぐ現場に向かえるように、これから村の消防団格納庫に入って待機です。
行ってきます。

先日の21号台風で甚大な被害を受けて傷口の癒えない、宮川村~尾鷲方面の状態も心配です。
[PR]

by kaizoe | 2004-10-09 11:41 | 消防団
終了しました
パソコン教室……の様なもの、合計5回開きまして、今回でとりあえず終了になりました。

う~ん、( ̄~ ̄;)、自分的には、
「さぁ、これからだぁ~」
って、感じなんですが、みなさんお忙しいようで次回の開催の応募はありませんでした。

ネットとメールを安全に楽しんで貰えるように、ってのと、ワープロと画像加工ソフトの基本的な使い方くらいまでは掴んで欲しかったんだけどなぁ。
ネットをやる上でのセキュリティの重要性とか、ペラペラしゃべるのは簡単だけど、受け取る側が準備できていないとたぶん素通りしちゃいますよね……何事も理解して貰うのはなかなか難しいっすわ。
こっちもずぶの素人だし、今回はボクが勉強させて貰ったってことで。

我が村をIT先進村にしたいんだけどなぁ(笑)
まぁ、「ネットやパソコンは面白い」っていう、種くらいは蒔けたんじゃないかと思うので、頃合いを見計らって2回目、3回目の開催を提案していきたいと思います。
[PR]

by kaizoe | 2004-10-04 00:02 | 田舎生活