鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

キャンプ予定地
a0019755_20216.jpg「青い鳥捜索隊」の中で、大地達一行が青い鳥=オオルリを見つけるのがここの堤の上です。




















○ 砂防堤
  五人、渓谷を跨ぐ間知石【けんちいし】積みの古い堤へ歩いて来て、大地
  裕希、花、天端の端に座る。
  新、誠は一段低い面へ傾斜面を駆け降り、濡れたシャツを脱ぎ捨て大の字
  に寝る。
  花、裕希の汚れた服を改めて見て、
花 「しっかし、ひどいね。ホント大丈夫?」
裕希「…うん、なんとかね」
  大地の顔。
花 「あ~あ、でもここまで来たんだから青い鳥見たかったなぁ…」
裕希「私は満足やわ、別の青い鳥を見つけたよってに…それも、いっーぱい」
花 「えっ?別のって…」
  裕希、微笑んだ後、少し震えて、
裕希「あっちは暖かそう、いいなぁ」
  大地、立ち上がる。
  大地、花と裕希に手を貸し、新達の居る面へ下りる。
  三人、堤の中央に足を垂らして座ると足下は千尋の谷。
  その川岸の木の枝からカワセミが飛び、滝壺を川烏が渡っていく。
花の声「うわぁ、熟睡してるよ、この人達」
裕希の声「よく歩いたもんなぁ、今日は‥ふぁ」
  


  新の鼾【いびき】が聞こえ、大地、ふと見ると、花と裕希も寝転び眠った
  のか目を閉じている。
  石積みの目地に生えた草の側をトカゲが這っている。熊蜂が飛んで行く。
  静かである。
  いや、耳を澄すと様々な音が聞こえてくる。
  川のせせらぎ、沢山の蜜蜂の羽音、様々な鳥の声。
  燃えるような新緑の山々からは煩い程の蝉の声。
  その幾多の生命達の合唱の中、大地の目には木々や水の流れ、大きな岩、
  山々までもが生きているように一層輝いて見えてくる。
  美しい渓谷のまん真ん中に居る大地達。
  滝の流れを見、音を聞いていると、大地もやがて睡魔に誘われ目を閉じる
  と、雑多な音の中に一際美しい鳥の声が聞こえる。
  ピピ・ピイピイ・ピィク・ギチギチギチ。
  大地、ハッと目を開け立つと、裕希も立ち上り、二人、辺りを見渡す。
  裕希、鳥の声が響き渡る渓谷を隅々まで探していると、



大地の声「居った!」
裕希「えっ、どこ?…どこ?ねえ何処なん?」
大地「ほら、あのおっきな桜の‥一番上の先っちょの‥分からんかなあ、ほら
 動いとる、ほら‥」
  裕希の視線、山桜の大木を右に左に隈なく見て、枝葉にチラチラ見え隠れ
  するオオルリの姿をついに捕える。
裕希「あっ、…青い鳥。青い鳥本当に居った…」
花 「え~?…どこ、どこ~?」
  花、目を擦りながら、眠たそうに立ち上る。
裕希「ほらっ、あそこ、あそこ」
花 「ああ、ホントだ…へえ、綺麗じゃん。やったね隊長、裕希」
裕希「うん、よかった。うれしい」
  裕希、花と大地の手を取り喜ぶ。
  と、その時、桜の向うの禿山が土砂を吹き上げ爆発する。
  振動と衝撃波が瞬時に訪れ、堤や木々がズザッと揺れ、驚く大地達。
  山の鳥達が一斉に飛び立ち、グォン、ゴゴゴッと不気味な轟きの中、『青
  い鳥の岩壁』の方角へ逃げて行く。
裕希「ああ‥」
  鳥達を見送る大地達。


ボクがココを見つけたのは確か小学生の頃でした。
自分の家の田んぼが村の一番奥にあるのですが、そこへ続くメインの道沿いにあります。
大人の人達にとってはごく当たり前の場所だったでしょうね。

でも、ボクにとってこの場所との出会いは衝撃的でした。
ある日、道ばたに自転車を停め、木の枝をかき分け堤の上に出てみると、
この情景が、輝きを放ってボクの視界にふいに飛び込んできたわけであり…まさに電撃的な一目惚れ状態になりました。
出会ったその瞬間から世界で一番好きな、宝物のような場所になりました。
「赤毛のアン」の中で、彼女が家の周りの気に入った場所に思い思いの名前を付けていく下りがありましたが、ボクにもそんな面がありましたね、昔から。

ココもあと数年でダムの人工湖の底に沈むことになるらしいです。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-28 20:22 | 自然と共に
ロケハン
a0019755_20156.jpg今日は川の上流の方へ行って来ました。

「青い鳥捜索隊」は地元を舞台に描いているんですが、下のシーンにちょうど良さそうな所があったのでカメラに納めてきました。



○ 林道(ホ)・道草
  木陰に停めた自転車に、木洩れ日が揺れている。
  新達の声だけが響いて聞こえてくる。
新の声「おーい」
花の声「ねえ、そっち、どうやって行くの?」

○ 渓流・瀬
  石の上を飛び歩く大地。その手前、小さな淵に漂う沢山の花弁の一つをす
  くう裕希。
  と、その水面が砕け、水飛沫を被る。
裕希「きゃっ、冷たーい」
新 「やった!命中」
  川中の岩の上で手を叩く新。隣の誠も抱えた大きな石をバシャンと投げ入
  れる。
裕希「きゃあ…やったなあ、このぉ」
花 「あーっ!」
  花も来て、二人、小石を投げ入れ反撃。
  しかし、水飛沫小さく届かない。逆に新の投げる第三弾にやられる。
花 「きゃあ」
  大地、来る。
裕希「大地君、助っ人、助っ人」
新 「あっ、大地、こっち、こっち来いよ」
誠 「女の味方なんかすんなよなー」
  大地、新達にニーッと笑い、石を探す。
新 「あっ、畜生、許さへんぞ、畜生、チキショウ」
  と、石を探すが見つからず、振り向くと、裕希と大地が特大の平石を持っ
  て来て新達めがけ、
二人「いっせーのー!」
  新達、逃げるにも後ろは速い流れ。
  ザバーンと開く水の王冠に、びしょ濡れになる新と誠。

岸辺にヘビがいたのですが、何だか妙な格好をしたままジッとしていました。
これから脱皮でもするのかな?
[PR]

by kaizoe | 2004-06-28 20:16 | 自然と共に
嵐のあと
今日の記事は正確には我が河内町内のお話ではありません。

この春から鳥羽市のお隣、パルケエスパーニャ(志摩スペイン村)のある磯部町に
伊勢志摩ゆりパーク」がオープンしたということで今日両親と一緒に行ってきました。

色んな種類のユリがいっぱい咲いている…言ってみればそれだけの施設らしいのでそんなに興味はなかったのですが、何しろ行って来たという人達が、皆さん口を揃えて、
「あれは素晴らしい、あれは行っておいた方がいい」
と、やや興奮気味に言うんです。
入場料が1000円と花を見るだけにしてはやや高いと思える料金設定も、やはり皆さん口を揃えて、
「あれは1000円では安い!」
と、やや興奮気味に言うんです。

それはもう行ってみないわけにはいきません!
あいにくの雨模様の中、行きましたよ、かなり期待して。

入り口で料金を支払おうとすると1000円(大人1人)の文字が消してあって、700円になっていました。ラッキーっと、喜んで、
「何で今日は安いんですか?」
と、聞いてみると、
「この前の台風で(屋外の)ユリがほとんど壊滅状態になったんです。それで…」
と、言われました。
ガーン!!( ̄ロ ̄|||)
a0019755_01538.jpg

園内に入って見ると、ハウスの中には確かにたくさんのユリが展示してあるのですが、後日誰かに、
「あれは素晴らしい!」
と、やや興奮気味に勧めたくなる程ではありません。
ハウスから出たところは山肌をそのままの形で花壇として整備した公園になっており、そこにポツポツと様々な種類のユリが咲いていました。
恐らく、それがつい先週までは何千何万本のユリが一面に咲く花の絨毯になっていたのだろうと思います。
ですが、ゲートの女性が寂しそうに言っていたように、今は見る影もなく……結局、画像も撮りませんでした(ノ_<。)
先週の日曜に来ていれば……たられば、たられば。

まっ、花は来年も咲くわけであり、今度は台風などに先を越されないうちにもう一度行ってみたいと思います。

みなさんも来年以降、こちらにいらした時は観光コースの一つとして考えてみてください。
ボクはその素晴らしさはまだ味わっていませんが、とにかく行ってきた人達が皆さん口を揃えて、
「あれは素晴らしい!」
と、やや興奮気味に言っていたところですから。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-25 23:48 | 伊勢志摩百景
日本の火祭り
この秋からイベント企画の様な活動をしてみようかと思っています。
村や若衆は直接関係のないボク個人の活動としてやるつもりです。

去年、鳥羽の浦村町にある「海の博物館」の石原館長さんとお話させて頂いた時、館長さんから、
「日本中の火祭りを一同に集めてやったら面白いかも知れないね」
という、アイデアを伺い、ずっと興味を抱いていました。

周りの仲間に話してはいたのですが、自然に話が盛り上がるのを待っていたらいつになるかわからないので、いっそ単独行動で企画を立ててみようかと最近思いました。

そういう仕事はしたことがありませんし、市役所や地域の観光業界を巻き込まないと実現不可能ですので、どんなアプローチをしていけばいいのか今は皆目見当もつかないのですが。
でも本音は、
「そんなものは何とでもなるさ。俺はきっとできるよ」
なんて楽観的に考えています。

3年後実現ぐらいをとりあえずの目標にボチボチ準備を進めていこうかと思います。

昼間は博覧会の様な今日的なイベント、展示をやって、毎夜一つ一つ各地の火祭りを見せていくんです。
できれば我が「河内火祭り」も出場して。
夏休みくらいに鳥羽の街でやれば、見学者(旅行者)は港の夜景をその前後で楽しめるし、旅行のメインイベントとしてもドラマティックに演出できると思うんですよね。
火祭りの神秘性と興奮、夜の浜風の心地よさはホテルの窓やテレビの画面越しには到底味わえるものではありません。
日本中からたくさんの人々に訪れて貰い五感を持って体験して頂くべきなんです。
北海道や沖縄の方さえ、
「見に行きたい」
と、ワクワクさせる様な魅力的でどでかい祭りにできれば…最高ですね~!

まぁ、そういうの考え出すとボクは水を得た魚のごとく張り切ってしまいますから。
まずは地元民の心を揺さぶるような面白い企画書を書きたいですね~。

よろしければ、みなさんもご協力くださ~い。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-24 20:09
現実
隠し事とかできない体質なんですわ。
どうも「河内火祭り」は組織改革が停滞中……と、いうか延命措置を決定的に失敗してしまったような気がしてきました。

今年の開催についてはすでに決まっていますから、今まで通り何があってもやるでしょうが、来年、5年後、10年後がどうなっているか油断できない程、事態は深刻化しています。
一番残念なのが、祭りや村が好きで「祭りは続けなければならないんだ」と、運営の推進力になっていた人達の活力が最近は余り感じられなくなってきたことなのです。
それを受け継ぐべき若い子達は勢いや明るさはありますが、まだまだ山でも押し崩してやろうというような底力を感じさせる程ではありません。
ボクもひとりだけ騒いでいてもしょうがないので、最近は静かにしています。

木や動物が歳をとり衰えていくように、こうして祭りも終息の時へ向かって行くのでしょうか。
それでも、もう一度みなが祭りと郷土愛への炎を燃やせる様に起死回生のチャンス到来をうかがっていくつもりですが。

大抵の物は火をつければ燃えますが、みんなの心も何か切っ掛けと動機さえ見つかれば再び勢いよく燃え上がる筈なんですね。
その種火に相当するものが何か根気よく探し、育てていかなくてはなりません。

何故、そんな風に深刻に考え、執着するかって?

祭りを存続させる力を失った時、同時にボクらの中の大切なものも死に、村も死に、鳥羽、志摩という地方も山の木々が次々に枯れて行くように死んで行く。
自分達までも世界に渦巻いている負の連鎖に飲み込まれていく…そんな不安やイヤなイメージを抱いているから…ひとつはそんな感じでしょうか。
また、毎日ご飯を食べて働いて、テレビを見て、人と話して、趣味を持って…ただ、それだけじゃ生きていると胸を張れない気がしてしょうがないんです。
殺し合うのはイヤですが、戦場と呼べるような本気の世界に少しでも身を置いていたいから、そういう気持ちもあるでしょうか。
ボクは欲張りなだけなんでしょうか。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-24 18:48 | 河内火祭りと若衆
もう始まっている舞台裏の仕事
a0019755_235912.jpg毎年この時期に行われてきたワラの引き取り作業が、今年も頭衆以下鉦役達(祭りの執行部)の手によって先日終えられた…らしいです。
らしいって…ねぇ(^^;

いや、ボクも取材がてら手伝いに行くからと言ってあったのですが、気を効かされたのかバックレられたのか連絡は来ず、いつの間にか…終わっていましたよ、ショボ~ン。
お陰で画像も去年のものしかありません~(ノ_<。)


柱松の火を着ける「つぼき」の部分は麦のワラで作ってあるんですわ。
つまり稲のワラじゃないんです…稲ワラだと細いしフニャフニャだからダメなんでしょうかね(今度、年寄りの人に聞いてみます)
なんで麦ワラなのか…そういう材料の性質の話になるとボクも分からないんですよね。
縄なんかは稲ワラで作りますけどね。
昔から受け継がれてきたそういった生活の知恵や文化をついでに覚えていけるといいんですが。。。

麦ワラは最近、地元では麦の栽培をしていないために、伊勢の農業団体「アグリ・トラスト」さんにご足労をお掛けして特別に分けて頂いております。
若衆達は働き盛りが多い為に、なるべく祭りに掛ける時間や労力を節約したいのがみんなの本音ですが、アグリさんのお陰でここ数年、麦ワラの調達はスムーズに行わせて頂いております。
ご面倒をお掛けしているとは言え、こういったご縁で繋がりの輪が広がって行くのは素晴らしいことじゃないかとも思っています。
みんなともこの縁を大切にしようと言っているんですが…
でも…

おいっ!現役!俺との縁はどうでもええんかい!(笑)


トラックで30㎞ほど離れた我が村に移送後、ワラは地元老人会の方々の手により祭りで実際に使われる一握りほどの細かい束にさらに小分けされていきます。
いつも圧倒されるのですが、お爺さんお婆さん達のバイタリティーとオーラはすごいです。
この力がきっと今の豊かなる日本を作り上げてくれたのでしょうね…感謝、感謝。



明日の土曜に祭り改革の為の会議が開かれるそうなので、先日掲載させて頂いた、「若衆の母」さんのお便りを読んで貰うつもりです。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-12 00:00 | 河内火祭りと若衆
変わりゆくふるさと・変えられる未来
a0019755_215541.jpg画像には写っていないんですが、もう少し手前の流れの中に黒い杭が一本打ち込まれています。
その点がダムの中心になるのでしょう。

この辺りはあと何年かたつとダムの本体もしくはダムによって堰き止められた人造湖の底に沈むことになります。

ボクは昔のままの河内の自然が好きですし、人が心地よいと感じる環境や風景の中にこそ動物としての人間にとっても安全で住みやすい条件が整っている筈だ…と、考える人間ですので、心情的にはそれを破壊することを前提にするダム建設については反対です。
東京から引き上げて来た時にいきなり、
「町としては県営ダムの建設を歓迎し推進する」
と、いう総意を知らされ、それまで勝手気ままに遊びほうけていた自分にはその事実に対して何も言う資格がないと気づいた時には…しばらく泥の底に押し沈められたような重苦しい精神生活を強いられました。

今は……色々な事情や想いや打算(^^;があって…いまだ気持ちは複雑です。

「青い鳥捜索隊」の中では、小学生の主人公・大地は、大好きなふるさとの自然を奪うダムの建設に対して真っ向から反対と嫌悪の声を上げますが…ボクのごとき中途半端な人間にはなかなかそれができません。
自分の感情を単純に言葉にすればいいということでもないはずだし。

自然保護VS文明、経済活動……こういう話は人間の営みの全てのことが絡んでくる大変難しいテーマだと思うのですが、アンポンチンのボクなりにできる話をしていきたいですね。

水と山と海と人々とそれから動植物達と、それらと文明や経済との関係と兼ね合い…田舎に暮らすひとりの人間の、自分の背丈から見た事柄を具体的に語れればいいですね。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-07 21:56 | 田舎生活
「若衆の母」から
去年から若衆に入って貰ったS君、彼のご両親はボクと年齢が近いこともあり、仕事やプライベートでも時折お付き合いして頂いてきました。
今回、お母さんの方にこのブログの宣伝を兼ねてメールを送り、ついでに「祭りや若衆に対する家族としてのご意見」を希望したところ、下記の素晴らしいコメントを返して頂きました。
ご本人の承諾も得られましたので、全文転載致しま~す♪


「若衆の母です(笑)」
“若衆の家族の意見”と言うよりも、私、個人の意見として書かせていただきますと、火祭りは是非続けていってほしいです。
今は、色々な娯楽が氾濫していて、遊ぶには事欠きませんが、こういった、昔からのお祭りは、風情や情緒があり、逆に新鮮だと感じるのではないでしょうか。
その証拠に、息子を見ていると、ゲームをする時とは、気合と意気込みが違います。
例えば、息子が大人になって古き良き時代や故郷を懐かしむ時、自分達が参加したお祭りが、鮮明に蘇ると思います。
多感な時期の大切な思い出作りに、欠かせない行事ではないかと…
継続するのは、大変な事も多いと思いますが、大変だからこそ、やり終えた時により大きな達成感や充実感を、味わえるのでないでしょうか。
喧嘩祭り、大いに結構。(笑)
怪我も仕方ありません。(死なない程度に/爆)
画面を見てコントローラーを操作するのではなく、生身の人間同士の触れ合いを教えてもらえる貴重な場という意味でも、末永く守るべきものだと思います。

…と、偉っそーに、色々と書きましたが、簡単に言えば“楽しいから続けましょう”という事で賛成派に一票!(笑)




ああ、こんな率直で中身の濃い意見が祭りの会議で出たならば。。。
ところが、村は古い体質が残っていて基本的に男社会なんですよね~。
でも、時代は刻々と移り変わっていますし、そのために祭りの形態も変化を余儀なくされているわけであり、運営方法や支える側の顔ぶれ、意識も当然時代に沿うように変えていくべきでしょう。
女性の方々の進出や協力をもっともっと仰ぎたいところですね。
若衆頭の方にもこの文章は提出するつもりです。
近々、祭りの存続と改革を目指す会議が行われる筈で、その場でぜひとも一石を投じて欲しいものです。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-04 01:01 | 河内火祭りと若衆
河内消防団
a0019755_084.jpg
↑これは村で一番立派な建物、河内町公民館で~す。
この一角に消防車の格納庫、その真上に消防団の詰め所があります。

ボクらは鳥羽市の消防団にも所属しています。

我が「鳥羽市消防団第3部・河内町消防団」の構成員はほぼ全員が若衆のメンバーです。
毎月1日と15日は、消防車やポンプ、発電機などの関連機器の点検と、放水訓練、町内のパトロールなどをすることになっています。
ボクは3年前に部長をさせて貰い、今は若い者が入団してきたら交代して団を去ろうという窓際に身を置いているのですが、今日は久しぶりに覗いてきました。(↑古い画像しかなくて(^^;)

去年までは20名体勢でやってきたのですが、若者の町外流出がここでも響き、定員がとうとう18名になってしまいました。
それでも、今晩は用事で来られない者は除いても4月から交代した新部長以下10名の団員が集まりました。
点検とパトロールの後、恒例の座談会(笑)
20時過ぎに集まってから23時頃まで話をしていました。
これがまた、楽しい!
年齢は20代からボクら四十郎まで結構離れているのですが、もうつき合いは長いしいろいろと話は尽きません。
消防の話は勿論、若衆や祭りのこともかなりヒートアップしつつ話をします。
いえ、と、いうか、最近の祭りの重要な話合いはこの消防の場でされることが多く、ボクが頭を勤めた去年は何度みんなで朝方まで議論を重ねたか分かりません。

若衆と消防団に両方入っている連中は根っからの河内人という感じで、なんだかんだ言って、このド田舎のふるさとが好きでしょうがないのだと思いますが、この集まりもこれ以上定員が減ることなくずっと続けていけたらいいなと思っております。
[PR]

by kaizoe | 2004-06-02 00:09 | 消防団