鳥羽・河内火祭りトップぺージへ


田舎の暮らしと夏に行われる火祭りについてつづっています
by hisa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
最新のトラックバック
四万十川編
from 四万十通信
荒廃森林
from フォトログ 森の窓
榊原温泉
from 全国有名温泉ガイド
『その時、歴史が動いた』..
from バガボンド・ブログ
まだまだその後…w
from 豪大のなんでも日記
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2003年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

青天の霹靂
近所に住む幼なじみが死にました。
消防団の一員であり勿論「河内若い衆」として火祭りを一緒に続けてきた仲間でした。
小学生の頃、冬の寒い今時分でしたか…ほっぺたを真っ赤にして田んぼで一緒に遊んでいた頃を思い出してしまいました。

昨年12月の山の神の祭にはお参りに来てくれて御神酒を豪快に呑み(あ、あの時、面白がって勧めたのがいけなかったのか)あんなに元気にしていたのに、まだちょっと信じられません。
死因は癌らしいですが筋骨逞しく人並み以上の体格をしていたから、それでかえって進行が早かったのかもしれません。

明日はもう朝から火葬に行ってしまうというので、夜に最後の別れに行ってこようと思っています。
それにしても…暮れに二人目の赤ちゃんが産まれたばかりだというし、彼のお父さんもすでに他界しており大黒柱を失い後に残された家の人達はこれからどうするのでしょうか…

夜勤の多い不規則な仕事をしていたんですが、休みの日も母親の手伝いで田畑にマメに通うような優しいヤツでした。
いい人から先に逝ってしまうというのは本当ですね…
とりあえず、ボクは長生きできそうなんでよかったです(^^ゞ
[PR]

by kaizoe | 2003-01-18 16:00 | 河内火祭りと若衆